会話に使える英文法

 前置詞⑶(made ofとmade from)

\このページでわかること/

前置詞「of」と「from」の性格の違い・イメージ
学習時間:約10分

今回は受験や各種英語テストで頻出のofとfromの性格、イメージの違いについてもあわせて説明します。

※この記事は、シンガーソングライターCoccoさんの『ジュゴンの見える丘』のオリジナル英詞解説ページから引用しています。

「of」と「from」の違い

まずカンタンに違いを説明すると、

① of=直接的なイメージ
② from=間接的なイメージ

となります。

なので先述の「be made of」と「be made from」 の違いを説明すると、

① This table is made of wood.
  このテーブルは木で作られている。

※テーブルの材料が木であると、誰でもすぐ分かる→直接的

Wine is made from grapes.
  ワインはグレープから作られる。

※ワインがグレープを原料にしていると、見ただけでは判断できないかもしれない→間接的

となります。

よく、「ofは材料fromは原料」と説明されることが多いんですが、そもそも材料と原料の違いがわからんわと思っていた俺は、なかなか覚えることができなかった。

それより、

① of=直接的なイメージ
② from=間接的なイメージ

の方がしっくりくるので、これで覚えてます。

他の例文でも確認してみます。

My uncle died of cancer.
私の叔父はガンで死にました。

※ガンが死因であると、誰でもすぐ分かる直接的

My uncle died from overwork.
私の叔父は過労死しました。

過労が死因であることは、誰でもすぐ分かるわけではない間接的

名詞を後ろから説明する前置詞の解説ページで解説した例文も、もう一度見ておきましょう。

① I watched the TV program of NHK yesterday.

=昨日、私はNHKテレビ番組をみた。

※NHKが作ったテレビ番組だと、誰でもすぐ分かる=直接的

I met a man from Italy .

=私はイタリア出身の男性と出会った。

※男性がイタリア出身かどうか、誰でもすぐ分かるわけではない=間接的

使ってみよう!

それでは今回も、習った上記の例文を日本語を見て英語で言えるようにしましょう!

1.このテーブルは木で作られている。

This table is made of wood.

2.ワインはグレープから作られる。

Wine is made from grapes.

3.私の叔父はガンで死にました。

My uncle is dead of cancer.

4.私の叔父は過労死しました。

My uncle is dead from overwork.

5. 昨日、私はNHKテレビ番組をみた。

I watched the TV program of NHK.

6. 私は昨日イタリア出身の男性と出会った。

I met a man from Italy yesterday.

 

 

ABOUT ME
manabimon
manabimon
英語学習・音楽制作・WEBデザイン・体質改善など、色んな『まなび』と『教育』をテーマにnelle*hirbel(通称ねるひる)を中心に学びクリエーターチームで情報を発信しています。
関連記事