日本を学ぶ

ドキュメンタリー映画「はりぼて」

2016年8月、若いローカル局「チューリップテレビ」のニュース番組がスクープ報道を行いました。「自民党会派のドンの富山市議が政務活動費を虚偽報告」この報道に正しい返答をできない市議は、議員を辞職、その後、同様の不正が次々と発覚し、半年間に14人の市議が辞職しました。https://haribote.ayapro.ne.jp/

この報道により、日本記者クラブ賞特別賞や、ギャラクシー賞報道活動部門大賞、菊池寛賞を受賞した、「チューリップテレビ」は、その後も続けて取材を続けます。やり直し選挙後、不正が発覚した議員たちは不正を認めながらも居直り、辞職しなくなります。市長は知らぬ存ぜぬを貫き通し、最後に「チューリップテレビ」の内部にも亀裂が・・・。

映像はほとんど喜劇です。笑えます。絵に描いたように偉そうな脂ぎった男たち、絵に描いたようにうろたえる姿、口を揃えて「皆やっている」、絵に描いたように開き直る、絵に描いたように逆襲する・・・滑稽で狡猾な姿が、虚構ではなく実人物の姿であるところがグロテスクです。まさしく「はりぼて」の「政治活動」「民主主義」・・・。しかし批判ばかりしていても前に進まない。

この出来事が映画として配給されたことを言祝ぎたいと思います。若いローカル局の記者たち、社員たちの情熱と粘りに拍手を送りたいと思います。皆さん、ぜひご覧ください。映画を観て無力感や虚無感も抱きますが、しかし、一方でこのようにコツコツを不正を暴く方法があること、やろうとする人がいることに、世の中捨てたもんじゃない、応援したい、と思う気持ちも湧いてくると思います。

富山からの立山連峰が美しく写っていました。この映画もう少し早く知っていたら、富山に行ったときに「チューリップテレビ」観たかったなあ。

2020.9.6(日)

ABOUT ME
manabimon
manabimon
英語学習・音楽制作・WEBデザイン・体質改善など、色んな『まなび』と『教育』をテーマにnelle*hirbel(通称ねるひる)を中心に学びクリエーターチームで情報を発信しています。 YouTubeチャンネルでは、音楽×英語の動画コンテンツと英語レッスンを生配信しています。
関連記事