歌で英トレ!

パプリカ応用編〜歌の英語を会話で使おう〜

\このページでわかること/

パプリカで出てきた英文法を使って日本語を英語にしてみる
学習時間:約5分

分詞構文「〜ing(〜しながら)」

文頭に「〜ing」をもってくると、「〜しながら」というニュアンスになります。

①料理しながら、私は子供に英語を教えた。

答え①: Cooking, I taught my child English.

<解説>

Cooking, I(S)/ taught(V)/my child(O1)/English(O2).
料理しながら/私は/教えた/子供に/英語を

teach 人 〜:人に〜を教える

答え②. I taught my child English with cooking.
=With cooking, I taught my child English.

<解説>

with 〜ing:〜しながら

文末に「〜ing」を持ってくる場合、伝えたいことを正確に伝えるために「〜ing」単体ではなく「with 〜ing」にすることが多いです。

I taught my child English cooking.

としてしまうと、場合によっては「English cooking(英語の料理)」を教えているという意味不明な内容になってしまいます。

なのでwithを使って、「〜しながら」という意味を強調しています。
もちろん文頭でも「with〜ing」は使えます。

②彼と話しながら、私はその映画を見た。

Talking with him, I watched the movie.

=With talking with him, I watched the movie.
=I watched the movie (with) talking with him.

<解説>

talk with 〜:〜と話す

副詞〜動詞を説明する〜

彼はとても美しくピアノを弾く。

He plays the piano beautifuly.

<解説>

He (S)/ plays(V)/ the piano(O)/ beautifully.
彼は/弾く/ピアノを/美しく

「play(弾く)」という動詞を、beautifully説明してます。
つまり、どういうふうに弾くのか、を説明しています。

 

お疲れ様です。

少しずつ、例文集も増やしていきます。
みなさんも毎日少しでも例文を覚えて、「英語を話して」ください!

 

ABOUT ME
manabimon
manabimon
英語学習・音楽制作・WEBデザイン・体質改善など、色んな『まなび』と『教育』をテーマにnelle*hirbel(通称ねるひる)を中心に学びクリエーターチームで情報を発信しています。
関連記事