社会をまなぶ

性被害を訴えた町議リコール〜群馬県草津町の闇

12月6日、群馬県草津町で一人の町会議員が、リコール住民投票により失職したというニュース。今夏新井町会議員が黒岩町長から性被害に遭ったと告発した所、町長が事実無根と反論し議会の品位を損ねたとして懲罰動議が出されて可決され、黒岩町議会長がリコール運動を開始し署名を集め、住民投票となったそうです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2f17fefab42d33df9f9b7f821b1efafb0fcac5b3

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ceb4739c34ff680cfeba7388c14e7528db6380d

https://www.asahi.com/articles/ASND76H8WND7UHNB00T.html

記事にもありますが、異様な状況だと思います。リコール投票に到るまでの町長・町議会議員の行いは、あきらかに権力の乱用であり、暴力であると思います。性被害についての事実の如何を超える大きな暴力が新井議員に対して振るわれた、と感じます。

町長・町議会長に対するリコール住民投票を提案する人は草津町では生きていけないような、そんな町なのでしょうか。これは日本社会の縮図なのでしょうか。

深い闇。

新井祥子さんの復職、公正な裁判が行われることを願います。

2020.12.7

関連記事