手作りマスク・裁縫・編物

箱なしティッシュカバー

蝉の鳴き声が聞こえてきましたが、まだまだ梅雨が明ける気配はありません。コロナウィルスもじわじわと感染を拡げているように感じます。こんな時こそ、免疫力をつけるために、良いものを食べ、楽しいことをする、出来ないことを無理しない、ですよね。

今日は、湿気のためか、気圧の関係か、腰が痛いので、外に出る気がせず、家で箱なしテッシュペーパーのカバーを作ることにしました。前からユーチューブで見かけて作りたいと思っていたのです。https://www.youtube.com/watch?v=c1oW73-87DI&t=421s

①縦32センチ横28センチの布を中表に合わせ、上下1センチのところを縫い合わせます。

②裏返します(表が外に出ます)。真ん中に印を入れて、手前から真ん中より5ミリ内側になるように折ります。反対側も同じように折ります(つまり1センチ重なり合います)。

③マチ針で止めて端から2センチのところに印を入れて、印と印を合わせて、両側から中に折り込み、これもマチ針で止めます。

④両脇を1センチのところで縫います。

裏返すと出来上がっています。

調子に乗ってもう一つ作っていたら、ミシンがうまく動かなくなりました。ちょっと布がごっつかったようです。それで手縫いで作りました。手縫いでも簡単でした。腰痛などであまり元気のでない1日でしたが、ちょっと気分転換になりました。😃

2020.7.12(日)

ABOUT ME
manabimon
manabimon
英語学習・音楽制作・WEBデザイン・体質改善など、色んな『まなび』と『教育』をテーマにnelle*hirbel(通称ねるひる)を中心に学びクリエーターチームで情報を発信しています。 YouTubeチャンネルでは、音楽×英語の動画コンテンツと英語レッスンを生配信しています。
関連記事