音楽制作・DAW

「紅蓮華英語バージョン」でドラムの打ち込み

「紅蓮華」制作の過程

まなび時間:約5分

こんにちは、ひるべるです。ここのところ英語記事そっちのけで音楽制作に熱が入ってます。

英語では「先生」と名乗れると自負していますが、こと音楽制作に関しては修行中の身で、だからこそ制作の過程も少しずつ記事に残していきます。

「紅蓮華」を英語バージョンで

先月の後半くらいから、今話題の「鬼滅の刃」で流れている「紅蓮華」を英語バージョンでカバーし、バンドサウンドを再現しようと格闘していました。

「ドラム」というものに今までほとんど触れてこず、打ち込みも全然やったことなかったのですが、最近のYouTubeは本当に便利でいろんな曲をいろんな楽器でカバーしてくれてるんです。↓

ひたすら動画を見てドラムパターンをカバー(カバーするにあたってYouTubeのスロー再生機能が非常に便利でした)し、

なんとかドラム・ベースと打ち込みアコギ・ボーカル・コーラスを入れて、基本は完成。

さあミックス・マスタリングだとなって、コンプやマルティプレッサーで音を加工したのですが….

なかなかうまくいかない。

今回使用したドラム音源

今回使用したドラム音源は

「Native Instrument/Kontact」の「STUDIO DRUMMER」というソフトです。

の、「Garage Kit」↓

を使ったんですが、何か、ハイの音がキーンとしすぎるというかなんというか…

EQやコンプでもっと良い感じになるんだと思うんですが、そもそものドラムの音がハイの音がキーンとなっていてお手上げでした。

「Native Instrument/Kontact」の中ではこの音源が一番良いなと思って選んだんですけどね。

四苦八苦して完成させた音源がこちら↓!

中毒的ドラム〜Addictive Drums〜

この動画の完成後、どうしたら次はもっとよくなるだろうかと、音楽制作に関して長年お世話になっているプロのDTM作曲家の方におすすめのドラムソフト、「Addictive Drums」(アディクティヴ ドラムス)を教えてもらったので、載せておきます。

(ちなみに、「addictive(アディクティヴ)」は「中毒的な」という意味です。中毒的なドラムということで、興味を引くネーミングですね!)

いくつか種類が出ていますが、おすすめはこちらの「カスタムバージョン」です↓

XLN Audio Addictive Drums 2 Custom ソフトウェアドラム音源 スタンドアローン / VST / AU / AAX対応

このパッケージと、スタンダード版↓

XLN Audio Addictive Drums 2 ソフトウェアドラム音源 スタンドアローン / VST / AU / AAX対応

の違いは、スタンダード版はドラム音源がパッケージ化されているんですが、カスタム版は自分でパッケージの内容をカスタマイズできる、ということで、自分が好きなドラム音源を選ぶことができるんですね。

ロックメタルに特化したこんな商品もあるようです。

定番ドラム音源XLN Audio◆Addictive Drums 2: Rock & Metal Edition ロック&メタル系ADPAK 3点収録バンドルセット◆並行輸入品ノンパッケージ/ダウンロード形式

 

この音源を使って、バンド音源を作ったらまたレポートします。

一つ一つ、一歩一歩、で作っていきます!

 

 

ひるべる

ABOUT ME
manabimon
manabimon
英語学習・音楽制作・WEBデザイン・体質改善など、色んな『まなび』と『教育』をテーマにnelle*hirbel(通称ねるひる)を中心に学びクリエーターチームで情報を発信しています。 YouTubeチャンネルでは、音楽×英語の動画コンテンツと英語レッスンを生配信しています。