自分と向き合う技術

「ここは今から倫理です。」〜土曜夜11時30分NHKよるドラ〜

「みんなが選ぶTUTAYAコミック大賞2018」ネクストブレイク部門2位となった雨瀬シオリ作「ここは今から倫理です。」がドラマ化され、16日土曜夜から放映されます。

私は漫画も未読、ドラマの宣伝画像で初めて知りました。面白そうです!!!

選択科目である「倫理」の授業の教室には15人の生徒が集まります。「倫理は学ばずとも困ることはない」と冷淡に言い放つ高柳と倫理を学ぶ高校生たち。さてどのような展開になるのか?性的同意、美醜で人を判断するルッキズム、自傷行為、いじめ・・・といった問題が取り上げられるそうです。

高柳を演じる山田裕貴さんは、朝ドラ「なつぞら」での演技が印象に残っています。撮影の時に自分の考えをスタッフにぶつける姿が今回この役をゲットする理由となったそうです。

ドラマ化にあたり、制作スタッフは倫理を教える高校教員たちに話を聞いたそうです。「考えることを身につけてほしい」という思いで教えている、という教員たちの言葉から、「先人の名前や言葉を覚えるというよりは、疑問を持ち考える事が大切だ。」と思ったそうです。政策統括の尾崎さんは「思わず考えたくなってくれたら」と語っておられます。

ドラマを見て感じたことや考えたことを語り合えたらいいですね。語り合う相手は誰でもいいと思います。違う意見を持った人の方が面白いかもしれないですね。こちらにご意見をお寄せいただいても嬉しいです!

16日夜11時半から。ちょっと遅いので、私は録画して、観ようと思います。

2021.1.14(木) ちなみに2018のネクストブレイク部門1位は山口つばさ作「ブルーピリオド」これも青春群像劇で面白そうです。

ABOUT ME
たつこ
たつこ
今でも手元にある「長くつ下のピッピ」「やかまし村のこどもたち」が読書体験の原点。「ギャ〜!」と叫ぶほかない失敗をたび重ねて今に至ります。心理し(士・師〜〜この二つの「し」の違いは何だろう?)です(臨床心理士・公認心理師)。喜びも多かった教員経験の中、一方で、えも言えぬ息苦しさも感じ、心理しの資格をとって、今は相談活動を行なっています。
関連記事