自分と向き合う技術

土の中・間中ムーチョさん 

10月25日(あーもう1ヶ月以上前になります)、阪急電車南方駅から徒歩十分足らず、素敵なスペース海月文庫にての、

   

に行きました。入口から中に入ると丁度修復作業中。昨日小学生たちが大興奮して転がったりもぐったりしたんだそうです。様々な色を使って土の中を表現した模造紙をたくさんつなぎ合わせて海月文庫の二階から吊り下げて土の中を表現しています。ものすごい迫力です。

こちらをクリックしていただけると海月文庫さんのアップした写真を見ることができます。

https://www.kuragebunko.com/%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AE%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%B1%95/2021%E5%B9%B4%E3%81%AE%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%B1%95/%E9%96%93%E4%B8%AD%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A7%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%B1%95-%E8%9F%BB%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B-1/    

雨の日でしたが、湿り気のある外の空気と海月文庫の中の様子がマッチしていい雰囲気を醸し出していました。蟻さんになった気分でこの中を這いまわるという企画。私は寝っ転がることなく、バタバタと帰ってしまい、残念でした。(なんだか忙しいこの秋、心を亡くさないように気をつけなきゃ、と思いながら、仕事に向かいました。)

この展覧会の様子を見た方から東京でもやらないかというオファーがきていると耳にして、それはよかったね〜と話していたのですが、まさか自分が行けるとは思っていなかった・・・のですが、丁度東京でのムーチョ展のある時に東京に行く予定にしていたのです!なんという縁。それで11月27日(日)東京秋葉原駅から徒歩4分程度の(とは言っても東京は駅からでもたくさん出口があったりするので必ず迷う)海老原商店に行ってきました。

周りは新しいビルだらけなのですが、築100年の建物がしっかり残っています。元は紳士服のお店だったそうです。

入口からしゃがんで中を覗くと、「どうぞー」というあったかい声。前回とはまた視点を変えた土の中と土の上の様子が海老原商店の高い天井から土間いっぱいに繰り広げられています。上にはナマケモノがいて、ゆっくりゆっくり生きています。ナマケモノが木から降りてうんこをするのは命がけのことで、そのうんこはナマケモノから木への恩返しの贈り物。根っこはナマケモノのうんこからまた栄養をもらうのです。

海老原商店のHPはこちら、ご覧になってください。

https://www.ebiharashoten.com/

中には木となった作者もいました。

ムーチョさんのエネルギーと、たくさんの人々のエネルギーとがこのスペースの中に充満していました。丁度小学生のお嬢さんとお母さんが入ってこられ、「わ〜」と感嘆の声。

素晴らしい体験をありがとうムーチョさん。

ムーチョさんの作品などについてはこちらから。

http://55muutyo.jugem.jp/

https://www.instagram.com/muchomanaka/?hl=ja

また過去のこちらの記事も合わせてどうぞ

間中ムーチョ展@十三第七藝術劇場絵本作家間中ムーチョさんの展覧会が、十三の第七藝術劇場で行われています。絵本『にんげんさまへ』で強烈なインパクトを世界中に与えたムーチョさんの新作の海は笑っています。福島原発事故以来、山や海や土や自然の悲しみや怒りを描いてきたムーチョさんの心の変化をのぞいてみてください。...

2021・11・29(月)色々書きたいのですが書くのが追いつきません・・・深呼吸

 

ABOUT ME
たつこ
たつこ
今でも手元にある「長くつ下のピッピ」「やかまし村のこどもたち」が読書体験の原点。「ギャ〜!」と叫ぶほかない失敗をたび重ねて今に至ります。心理し(士・師〜〜この二つの「し」の違いは何だろう?)です(臨床心理士・公認心理師)。喜びも多かった教員経験の中、一方で、えも言えぬ息苦しさも感じ、心理しの資格をとって、今は相談活動を行なっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です